ここから本文です。

町の取り組み

まつまえの文化財 >  町の取り組み >  2021年 3月16日 土偶づくり体験を実施しました

2021年 3月16日 土偶づくり体験を実施しました


3月12日(金)、松前町立小島小学校の1、2年生を対象に、文化社会教育課職員を講師として「土偶づくり体験」の授業を実施しました。松前町教育委員会にて配布中の「ミニチュア土偶・土器制作体験キット」を使用し、平面的な土偶「板状土偶」を作る体験です。

まずは松前町出土の土偶を見ながら「モチーフは何か」「どんな表情か」を想像し、土偶のイメージを膨らませていきます。少し怒ったような表情の土偶が現れたときは、児童の悲鳴が聞こえました。
 

その後は実際に粘土を使用し、土偶を作ります。人や動物、形は自由ということで、男女やネコをモチーフにした自分だけの土偶を作ることができました。また、縄や貝、爪楊枝を使った模様の付け方にも個性が表れ、最後はお互いの作品を観察して感想を話し合いました。

科学技術が発展し、何に対しても答えがすぐに分かる現代、土偶作りはただの人形作りのように感じられますが、大昔の人々が何に対して、どんな願いや祈りを込めて土偶を作ったか、少しだけ想像してもらえたら嬉しいです。

 
一覧へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る