ここから本文です。

金子鴎亭記念「北鴎碑林」

書家 金子 鴎亭 >  金子鴎亭記念「北鴎碑林」 >  高青邱詩『尋胡隠君』

高青邱詩『尋胡隠君』

尋胡隠君の石碑の写真
渡水復渡水
看花還看花
春風江上路
不覚到君家

この碑は、中国明時代初の詩人、髙啓(1336~1374)の「尋胡隠君」という漢詩です。 

水を渡り、復水を渡り、 
花を看、還花を看る、 
春風江上の路、覚えず、 
君が家に到る

(胡隠君=胡は姓、隠君は世間から離れてのんびり暮らす人。江上=川のほとり)

あちらの川を渡り、 またこちらの川、 あちらの花を眺め、 またこちらの花、 心地よい春風のそよぐ川のほとりを歩いているうちに、いつの間にか、(胡隠君)あの家にたどり着いてしまったという内容です。

鴎亭先生78歳の時の作品です。

お問い合わせ

商工観光課
電話:0139-42-2275(代表)

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る