ここから本文です。

金子鴎亭記念「北鴎碑林」

觀瀾

觀瀾の石碑の写真
觀瀾(かんらん)は、紀元前三百年頃の中国思想家孟子のことばで、
水を観るに術あり、
必ず其の瀾(波)を観るべし、とあります。

水を見る時、波動がどうであるかを見るべしと解さ れますが、世の動きのとらえ方を述べているものと思われます。 

鴎亭先生68歳の作品で、力強く、奥深さを感じるものです。

お問い合わせ

商工観光課
電話:0139-42-2275(代表)

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る