ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

松前町について

観光地

松前城・松前城資料館

安政元年(1854年)、日本で最後につくられた日本式の城で、店主の内部は資料館になっています。昭和24年に火事で本丸御門を残し消失しましたが、昭和35年に天守、近年では搦手二ノ門や天神坂門など、復元工事により、当時の姿をよみがえらせています。

松前城・松前城資料館

松前藩屋敷

「松前の五月は江戸にもない」とうたわれた、藩政時代の松前。その姿を今に再現したのがテーマパーク「松前藩屋敷」です。

ここに再現された江戸時代の町並みは、全部で14棟。

松前藩屋敷

夫婦桜

平成19年5月1日に命名された天神坂の「夫婦(めおと)桜」は、染井吉野と南殿が1本の根から育っています。

 昭和の初め頃、鎌倉兼助氏が染井吉野を台木に、南殿を接ぎ木したものです。ソメイヨシノは若いとき丈夫で成長が早く、腕くらいの太さになっているのに気づき、切るのが惜しく、両方とも伸ばすことにしたそうです。

 1本の木に寄り添うように咲く染井吉野と南殿が、中睦まじい夫婦のようであることから、「夫婦桜」と命名されました。

夫婦桜

お問い合わせ

政策財政課
電話:0139-42-2275(代表)

本文ここまで

お気軽にご相談ください

電話 0139-42-2275

担当:松前町役場 政策財政課

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る