緊急情報

新型コロナウイルス感染症対策

松前町における特別定額給付金         
新型コロナウイルス感染症に係る注意喚起について
中小事業者等への支援

松前の家庭料理3

松前の家庭料理3

まめ漬け

松前を代表する漬物が、このまめ漬け。
秋に収穫した枝豆を塩漬けにし、野菜のない冬期間に食べます。
はじめのうちは枝豆の感覚ですが、時間が経過すると茶色くなり、酸味が強くなってきます。
この酸っぱさがまたなんともいえません。
お茶漬けが何杯も進みます。
まめ漬け

こじゃくの漬物    

早春に採れる山菜の「こじゃく」を漬物にしたもの。
こじゃくはせり科の植物で、独特の香りとしゃきしゃきとした食感がします。
一度食べたら忘れられない味がします。
こじゃくの漬物の写真

ぎょうじゃにんにくのしょうゆ漬け    

松前では「きとびろ」などとも呼ばれています。
ユリ科の植物で、行者が食べていたといわれています。
地元では、健康によいといわれていますが、「にんにく」と名がつくように、食後においが残ります。
ぎょうじゃにんにくのしょうゆ漬け

ゆり根の天ぷら    

松前では少ないのですが、ゆり根を栽培している方がいます。
ゆり根はほのかに甘く、ほくほくとした食感です。
ゆり根の天ぷら

によ(えぞにゅう)の油炒め    

松前では、「によ」または「にお」と呼ばれています。
樽に塩漬けするのですが、3層に分かれています。
1年目に漬け込むのは1番下に、2年目のものは中間に、そして3年目のものは一番上にくるように漬け直しするのが一般的です。
ごま油などで炒めると香ばしく、山くらげのような食感です。
によの油炒めの写真

しゃけの野菜漬け    

鮭の切り身とキャベツ、にんじんなどを豪快に漬け込んだものです。
昔は、冬の保存食として各家庭で、大量に漬物を作っていました。
しゃけの野菜漬けの写真

お問い合わせ

商工観光課
電話 0139-42-2275(代表)

ページの先頭へ戻る