ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  松前町について >  するめ物語 >  するめの食べ方

するめの食べ方

美味しい食べ方

焼きするめ

焼いて、ちぎってマヨネーズや醤油・唐辛子などを添えて食べるのがごく一般的です。
上手な焼き方のコツは、弱火で腹側からから焼くこと。また、焼きすぎないことが大切です。
また、焼き上がったするめをかなづちなどでたたき、柔らかくすると食べやすくなります。是非お試し下さい。

するめの天ぷら

水とお酒を半分ずつ合わせたものに、するめを2~3時間浸し、食べやすい大きさに切ります。天ぷら粉をまぶし、揚げてできあがり。 するめの旨みが自然と出て、奥深い味わいです。天ぷら粉を溶かすのに、するめを浸したダシ汁を使うとさらに美味しくなります。

するめのバター炒め

するめを一昼夜水に浸し、2~3センチメートル角にきざみます。フライパンにバターを溶かし、塩(お好みでコショウも)を少々入れてするめを炒めます。炒めあがったら七味唐辛子をかけ、混ぜ合わせてできあがりです。

するめの漬け焼き

するめを焼いて食べやすい細さに裂き、醤油と酒を半分ずつ合わせたものに漬け込みます。再び焼いてできあがり。漬け込む時間はお好みで。

松前漬け風切り漬け

するめと昆布を細く千切りにします。醤油と酒を半分ずつ合わせた調味液を作り、深めの容器に材料が隠れるくらい漬け、よく混ぜ蓋をして3日ほどおいてできあがり。

美味しいするめの選び方

  • 松前産のするめは赤褐色でつやがあり、身は肉厚で大きく足や吸盤がしっかりそろっています。そんなするめを選んでください。
  • するめの表面に白い粉がついていることがありますが、これはするめに含まれるアミノ酸(主としてタウリン)が出たもので安心して食べられます。

お問い合わせ

水産課
電話:0139-42-2275(代表)

ページの先頭へ戻る