ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  行政情報 >  情報公開(公表・計画等) >  財務書類の公表

財務書類の公表

 財務書類4表を作成しましたのでお知らせします。

作成趣旨

 新公会計制度は、総務大臣通知(平成26年5月23日付け)により、固定資産台帳と財務書類の作成に関する統一的な基準が示され、全ての地方公共団体において、平成29年度までに、固定資産台帳と財務書類4表(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)を作成するよう要請がなされています。 
 本町では、国の「基準モデル」を採用し、平成25年度決算から、財務書類4表を作成しています。

地方公会計とは

 地方公共団体の予算・決算制度は、単式簿記(現金主義)方式を採用していますが、このやり方は、その年度中にどれだけ収入があり、どのように支出したかという現金の動きがわかりやすい反面、町が整備してきた道路や建物などの資産及び負債の状況、行政サービスに要したコストを把握することができないといった問題点が指摘されていました。
 新たな公会計制度では、公営企業会計と同様、複式簿記(発生主義)方式を取り入れ、「資産・債務の適切な管理」「財務情報の分かりやすい開示」を行い、単式簿記を補完するものとなっています。

公表内容

平成29年度決算(統一的な基準)

平成28年度決算(統一的な基準)

平成27年度決算(基準モデル)

平成26年度決算(基準モデル)

平成25年度決算(基準モデル)

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

政策財政課
電話:0139-42-2275(代表)

ページの先頭へ戻る