ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  松前町について >  松前町の家庭料理 >  松前の家庭料理2

松前の家庭料理2

松前の家庭料理2

いか刺し    

松前で最も食べられる魚介類はイカです。
1月から4月までは甘みの強いヤリイカ、6月から12月にかけてはスルメイカが前浜で捕れます。
一般的な食べ方はやはりお刺身です。細ければ細いほど美味しさが増します。
どんぶりにしょうがや、大根おろしなどで豪快に食べるのが松前流です。
いか刺しの写真

げそのゴロ煮    

スルメイカの内臓を「ゴロ」と呼びますが、右の写真は味噌とゴロを混ぜ合わせ、煮込んだものです。
このほか味をつけないで、新鮮なイカ1匹ごと煮て、ちょうどよい大きさに切って、醤油をつけて食べています。
げそのゴロ煮の写真

酢いか    

小ぶりなイカをさっと茹で上げ、だし昆布と酢、砂糖を加えて味を調えたもの。
右の写真は食紅で赤く色をつけています。
身がやわらかくなり、好みでお醤油をつけて食べます。
酢いかの写真

しおから    

イカの産地である松前では、漁師の家庭で塩辛を作ります。
味は、各家庭それぞれで、ゴロを混ぜたりします。
冬の日曜日、お昼ご飯といえば、じゃがいもの塩煮の上に塩辛を乗せて食べていました。
しおからの写真

いかの野菜漬け    

イカの内臓を取り除き、中にキャベツやにんじんなどの野菜を詰め込み、漬物のようにしたのがいかの野菜漬けです。
いかの野菜漬け

サメの軟骨煮    

それを身や軟骨とともに形を整え、酢とお味噌で味付けしたものです。
臭みもなく「こつこつ」とした食感だそうです。
サメの軟骨煮の写真

お問い合わせ

商工観光課
電話:0139-42-2275(代表)

ページの先頭へ戻る