ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  くらし >  戸籍・住民票等の届出 >  マイナンバーカード(個人番号カード)・マイナンバー通知カード

マイナンバーカード(個人番号カード)・マイナンバー通知カード

通知カードとマイナンバーカード

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、「通知カード」と「マイナンバーカード」の2種類が取り扱われます。

通知カード

「通知カード」とは?

  • 「通知カード」は紙製で、券面には、氏名・住所・生年月日・性別・12桁のマイナンバーが記載されています。
  • 「通知カード」は、顔写真がありませんので、本人確認書類にはなりません。
  • 「通知カード」は、マイナンバーを確認する場面で提示が必要になりますので、大切に保管してください。再発行には500円の手数料がかかります。
  • マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などで、社会保障・税・災害対策の分野で利用されます。
通知カード
注 住所変更等の手続きの際に「通知カード」を忘れずに持参してください。

マイナンバーカード

さらに、希望する方はマイナンバーカードが取得できます。

「マイナンバーカード」とは?

  • 「マイナンバーカード」は、希望する方に、平成28年1月以降から順次交付されています。
  • 「マイナンバーカード」には、氏名・住所・生年月日・性別・個人番号・有効期限等が記載され、本人確認書類として利用できます。
  • e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書が標準搭載されます。(15歳未満の方及び成年被後見人の方は除く)
  • 初回発行手数料は無料です。(電子証明書手数料含む)
個人番号カード(表面) 表面
個人番号カード(裏面) 裏面

注 住所変更等の手続きの際に「マイナンバーカード」を忘れずに持参してください。

「マイナンバーカード」を取得するためには

「マイナンバーカード」の申請書を郵送

通知カードと一緒に送付された申請書に、ご自身の顔写真を貼り郵送することとなります。


「マイナンバーカード」の受領

マイナンバーカードの受領は、交付通知が申請者あてに送付されますので、本人が交付通知のほか、運転免許証等の身分証明書及び「通知カード」、並びに「住基カード」をお持ちの方は、「住基カード」を必ず持参し、町民生活課へお越しください。
注 受領の際は、「マイナンバーカード」に設定する暗証番号が必要になります。 (6~16桁の英数字と、4桁の数字)

「マイナンバーカード」の有効期限と更新手続き

  • 20歳以上の方は、10回目の誕生日
  • 20歳未満の方は、容姿の変化を考慮して、5回目の誕生日
  • 更新手続きは、有効期限満了の3ヶ月前から有効期限満了日までの間可能となります。

その他

  • 「マイナンバーカード」は、地方公共団体情報システム機構での一括対応となるめ、役場での即時交付はできません。
  • 現在「住基カード」をお持ちの方は、「マイナンバーカード」と両方のカードを所有することはできませんので、「マイナンバーカード」の交付時に「住基カード」は回収となります。

住民基本台帳カードとマイナンバーカードの比較

住民基本台帳カードとマイナンバーカードの比較
カード 住民基本台帳カード マイナンバーカード
交付 後日交付(平成27年12月で終了) 後日交付(平成28年1月以降から交付開始)
発行手数料 500円 初回発行無料 
再交付手数料 800円 
注 電子証明書(署名用・利用者証明用)を搭載する場合は、別途200円
有効期限 発行日から10年間 20歳以上は10回目の誕生日まで 
20歳未満は5回目の誕生日まで
電子証明書 希望者のみ搭載(署名用)
有効期限:発行日から3年間 
発行手数料:500円
標準搭載(署名用・利用者証明用の2種類) 
注 希望者は失効可能 
有効期限:5回目の誕生日まで 
発行手数料:初回無料(再発行手数料200円)
注 15歳未満の方・成年被後見人の方には、署名用電子証明書は発行されません。
利便性 身分証明書としての利用が中心
  • 身分証明書として利用
  • 番号を確認する場面での利用
その他 マイナポータルへのログイン手段 
注「情報提供記録表示機能」



通知カード・マイナンバーカードに関するお問合せは
                「マイナンバー総合フリーダイヤル」へ

日本語窓口

0120-95-0178(無料)
 音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
 (1)通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ  「1番」
 (2)マイナンバー制度、マイナポータルに関するお問い合わせ 「2番」
 (3)マイナンバーカードの紛失・盗難について        「3番」
 

外国語窓口 in English・Chinese・Korean・Spanish・Portuguese

0120-0178-26(マイナンバー制度、マイナポータルに関すること)
0120-0178-27(通知カード・マイナンバーカードまたは、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について)
 

受付時間

【平日】9時30分から22時00分まで 
 注 中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語は9時30分から20時00分まで 
【土日祝】9時30分から17時30分まで
 注 年末年始(12月29日~1月3日)を除く 
 注 マイナンバーカードの紛失・盗難によるカードの一時利用停止については、24時間365日対応しています。
 

 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は下記のナビダイヤル(有料)におかけください。
 050-3816-9405(マイナンバー制度に関すること) 
 050-3816-1250(通知カード・マイナンバーカードに関すること)



 

公的個人認証サービス

公的個人認証サービスとは

インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能です。

公的個人認証のしくみ

サービスの利用希望者は、市町村窓口でマイナンバーカードに暗号化のための鍵ペアと電子証明書を収め、これを用いて自宅のパソコンなどから申請文書等に電子署名を付けて電子申請や電子申告などを行います。
電子申請等を受け付けた行政機関等では、電子署名や電子証明書の有効性を検証することにより、第三者のなりすましや申請文書等の改ざんのないことが確認できます。

公的個人認証サービスの電子証明書は、マイナンバーカードに標準搭載されます

マイナンバーカードには、署名用・利用者証明用の2種類が搭載されます。有効期限も現行発行から3年間のものが、5回目の誕生日までと変わります。
(15歳未満の方・成年被後見人の方には、署名用電子証明書は発行されません。)

注 住所変更等された場合は失効となり再申請が必要です。

お問い合わせ

町民生活課(窓口)
電話:0139-42-2633(直通)

ページの先頭へ戻る